music.voice recording studio 東京 高円寺 Studio3号室

Studio - スタジオ

~ studio3号室のこだわり ~

1.機材のスペックを最大限に引き出す電源回りと電源ケーブル

大手の商用スタジオで1番ネックになっているのは電源周りでは無いでしょうか?
基本的に壁コンセントは安定して100Vを供給している訳では無いですしノイズが多く含まれている為どんなに高価なタップを使っていても全く無意味です。
また安定化電源を導入しているスタジオも少なくないですがこちらも蓄電している訳ではないですし蓄電タイプの装置でも蓄電された電気自体がノイズの多い電気では全く意味を成しません。

当スタジオの電源は200Vの電気をバランスでダイレクトに引きトランスで100Vまたは120Vにダウンさせています。
これにより完全にノイズフリーで100V、120Vを安定して供給出来る様にしています。
電源周りは非常に高額な工事が必要なので手を加えないスタジオばかりです。
機材は全般電気で動く物です。100Vで動作する機材をノイズの多い90V前後で動かしても機材自体が持つ本来のスペックを発揮する事は出来ません。
音圧、奥行き、レンジ、解像度全て劣ってしまいます。
また電源ケーブルに関しても同様です。
壁コンセントにシールドされた高純度の非メッキケーブルを刺した所で壁コンセント自体がノイジーで100Vに満たないのでは無意味です。
電源ケーブルに関してもWEの単線で制作したケーブルからHIFI系なサウンドのするS/ALABの電源ケーブルまで機材との相性に合わせて使用しています。

↑ PAGE TOP

2.音の入り口であるマイク類

録音に関して電源周りの次に大切なのは音の入り口であるマイクです。
当スタジオではRFT社のC7151を筆頭に世界中の著名なエンジニア、有名アーティストに愛されているマイクを揃えています。
詳しくは Equipment を参照して下さい。
海外のスタジオで制作されているサウンドを日本で制作する事を前提に導入している為見慣れない型番のマイクが多いとと思います。
特にRFT社のC7151やCAD社のVX2等は日本に数本しか無い幻のマイクと言って過言では無いでしょう。
勿論、音に関しては他のマイクでは味わう事の出来ない素晴らしい音がします。
男性、女性、ロック、POPS、JAZZ、ナレーション、プロの方からレコーディングに慣れていない方に至るまで最高水準の音質でレコーディング出来る環境を揃えております。
たまにN社の87AIが最高のマイクと勘違いされて居る方もお見受けしますが・・・
当スタジオの認識として87AIは基準で無難なマイクでしか無いと思っています。
自分の声に本当にマッチするマイクで録音する為にも事前にマッチングテストをお申し出下さい。

↑ PAGE TOP

3.高解像度のマイクケーブル

大手のスタジオではケーブルの引き回しも長くなるので高価なケーブルを使用していないのが現状です。
ケーブルに関しては高価な程音が良いと言う訳では有りませんが、安価なケーブルでは引き回しが長ければ長い程ノイジーになり音像が劣化していく傾向があります。
マイクからプリアンプまでの信号は非常に微弱な信号で送られています。
それ故にマイクからプリアンプまでのケーブルは非常にデリケートです。
もしケーブルからノイズが混入してしまえばプリアンプでノイズも増幅されてしまいます。
当スタジオでは微弱な信号でも伝導率の高い準銀で出来ている高解像度なマイクケーブルを使用しています。
勿論、厚い皮膜でシールドしているのでノイズ対策も万全です。
マイクで拾った音を余すこと無くリアルに録音する事を最優先にしたデザインにしています。
また、業界水準のBELDENやMOGAMIのケーブルもご用意していますのでコーラスやボイスサンプルの台本の内容によってはケーブルを変えて録音する事も可能です。
ラインのケーブル以上にマイクケーブルは音質が激変するポイントです。

↑ PAGE TOP

4.マイクの音質を最大限に引き出す為に選び抜かれたプリアンプ類

マイクの音質を最大限に引き出す為に選び抜かれたプリアンプ類
詳しくは Equipment を参照して下さい。
フルチューブVINTAGEプリアンプAMPEX401Aや特注で制作されたフルディスクリートプリアンプQuadEightカスタム等オーガニックなサウンドのプリアンプからFOCUSRITE ISA110等のハイファイサウンドのプリアンプまで揃っています。
音楽制作の最近の現場ではN社がもてはやされています。
確かに素晴らしいサウンドである事は間違えありません。
ただ値段とサウンドのバランスを考えて導入を見送っています。
N社のサウンドの核はインプットトランスなのでフルディスクリートプリアンプQuadEightカスタムのラインアンプにN社のアンプから抜き取った状態の良いインプットトランスを搭載しています。
録音した素材をラインで通すだけでN社のサウンドに変化させる事が出来る様にしています。

↑ PAGE TOP

5.2種類のAD/DAコンバーターを常設

ナレーションやアフレコ、音楽だとクラシック系やレンジの広い音にしたいサウンドは192をロックやJAZZ、歌など音楽的なサウンドを求める時はAPOGEE ROSETTAとサウンドの傾向を変える事が出来ます。
AD/DAコンバーターで録音するサウンドの傾向が大きく変化します。

↑ PAGE TOP

6.完璧に整備されたVINTAGEアウトボードやハイスペックアウトボード

詳しくは Equipment を参照して下さい。
プラグインでエミュレートされていないcollins 26U-1やManley ELOP等個体数も少なく海外の有名エンジニア達が手元から離さない為、入手困難で尚且つ完全な状態にメンテナンスされたビンテージ物から個性的で高品位なアウトボードを多数導入しております。
アウトボードに関して日本のスタジオのスタンダード機材は考慮して導入していません。
海外のエンジニアやアーティストの評判の良い機材の中から本当に良いサウンドの機材を導入しています。
CINEMA社のTYPE4031はパッシブのEQの銘機ですので国内国外問わずなかなか見る事の出来ないアウトボードです。
当スタジオのアウトボードは全て拘りを持って導入されています。v 日本のスタジオのスタンダード機材はプラグインに殆どエミュレートされているのが現状です。
状態の良い個体をエミュレートしている訳ですかプラグインでもその機材の特色はきちんと出ますしメンテナンスフリーなのが最大のメッリットです。
サウンド面は若干クリアな傾向がありますが、アナログのアウトボードの濃厚なサウンドと織り交ぜると全体のメリハリが効きやすい為、海外、国内問わずメジャーの音源も質の良いアウトボードとプラグインを織り交ぜて制作されているのが現状です。

↑ PAGE TOP

7.業界最高水準のプラグイン

WAVES社のMARCURY、Avid社やSPL社等多数インストールしています。
勿論、ピッチ補正ソフトも準備しています。

アクセス

東京都中野区大和町2-12-9
ラ.テーラ103
・JR中央線 高円寺駅 徒歩15分
・西武新宿線 野方駅 徒歩6分
Tel.Fax:050-3510-8213

↑ PAGE TOP